フレームレートを上げてYouTubeの動画を高画質化する

ブログ60fps,YouTube,フレームレート,ライブ配信,動画,画質

フレームレートは、動画において、単位時間あたりに処理させるフレーム数(静止画像数、コマ数)である。 通常、1秒あたりの数値で表し、fps(英: frames per second=フレーム毎秒)という単位で表す。 映像に対するサンプリング周波数とも言え、単位にヘルツが使われる場合もある。 
Wikipediaより

60fpsの動画だと、1秒間に60枚が使われています。
30fpsの動画だと、1秒間に30枚が使われています。

おわかりいただけただろうか。

動画にすると60フレームの方がヌルヌル動くのです。
特に動くもの速いものなどはフレームレートが高いほうが良いです。
実際に私も色々な動画を撮ってきましたが、やはり動きの速いものやよく動くものは、フレームレートが30より60の方が圧倒的に映像としては綺麗に見えます。
私のチャンネルでは、戦闘機ツバメなど動きのあるものが多かったので、特にフレームレートが大事だなと思いました。
フレームレートを30から60に上げるとその分、容量も増えますが映像としては滑らかになりました。
特に動物は、1080p30fpsより720p60fpsの方が滑らかで良く見えます。ただ、これは元の撮った動画の品質にもよります。それでもスマホやタブレットくらいの大きさなら720p60fpsでも十分ヌルヌルに見えてるのではないでしょうか。

と言ってもユーチューブで見るときの画質ですので悪しからず・・・。

ライブ配信でも今回から60fpsにチャレンジしてみました!
ツバメの動きがだいぶ滑らかになったと思いませんか?
昨年の通常も1080p動画は、画質は綺麗だけど動いたらなんかコマ落ちのようになっていました。
多分、これから雛が成長して羽を広げての羽ばたく練習を開始し始めるとその効果が分かると思います。
60fpsにするとその分インターネットの回線を支配してしまうので私の貧弱回線だとちょっとヤバイでしたw
その効果は十分に満足のいくものでした!

「ライブ配信や動画を少しでも画質を良くしたい!」と思ったらフレームレートを上げるのも一つの手ですね!
YouTubeでは、下記の写真にある画質設定のところで切り替えできます。